日本では投資顧問に頼るという方は少ないでしょう。しかし、彼らは投資のプロであり、プロの視点からアドバイスをくれる有難い存在です。

会議をしているスーツの人達
  • ホーム
  • 事業の再建を図っているレナウンやAIGへの投資

事業の再建を図っているレナウンやAIGへの投資

株式投資では事業が危機的状態に陥ってから、その後に復活していく企業の株式を購入すると大きなリターンが期待できます。
復活企業としては、まず日本の歴史のあるアパレルブランドメーカーのレナウンが挙げられます。
レナウンの業績は長く不振に陥った結果、2013年に中国企業の傘下に入りました。
レナウンでは中国企業の傘下に入ることで、中国マーケットの販路を確保できるメリットが出てきます。
中国企業でもレナウンのブランド力によって、自社のブランド価値を高める効果が期待できます。
レナウンでは中国企業の傘下に入ってからは、合理化を進めると同時にショッピングセンターへの出店を強化しています。
そのため、徐々に業績の再建を図ることが実現できています。

今後は中国でのブランド認知が高まれば、中国での大量出店も可能です。
現在のレナウンの株価は依然として100円前後と低迷していますが、中国マーケットでの本格展開が始まれば株価は上昇していくことが期待できます。

次に復活企業としては、アメリカの大手保険会社のAIGが挙げられます。
AIGはリーマンショック後にはサブプライムローンを多く抱えていたことから、一時経営危機に陥っています。
しかし、その後は国の支援を受けて事業を立て直すことになっています。

ここ数年のアメリカ経済は好調に推移していることから、AIGの保険などの事業も順調に回復をしてきています。
その結果として、AIGの株価は2012年からの4年で、30ドルから60ドルへと倍に価値が上昇しています。
今後もアメリカでは長期で経済成長をしていくことが期待できるため、アメリカの大手尾保険会社のAIGの株価はさらに上昇していく余地があります。
したがって、AIGの株式も投資するに値します。