日本では投資顧問に頼るという方は少ないでしょう。しかし、彼らは投資のプロであり、プロの視点からアドバイスをくれる有難い存在です。

会議をしているスーツの人達
お知らせ
    やる気を出している男性

    一般的な個人投資家は、多くの個別銘柄を調べて投資対象を絞っていく作業を行うのは難しい状況があります。
    日本の証券取引所には数千社の上場会社があり、調査する時間が限られている投資家では目が行き届かない面が出てきます。
    そこで、前池英樹が代表を務める新生ジャパン投資のような投資顧問を活用する選択肢が取れます。
    アメリカでは多くの人が株式による資産運用をしているため、投資顧問を頼る人が多い環境があります。
    しかし、日本では株式で資産運用をしている人はまだ少なく、投資顧問へのニーズは低くなっているのが現状です。

    また、日本では株式の専門家が少ない状況があることも、普及が拡大していない原因です。
    日本では1990年代のバブル崩壊以後は株式市場が低迷してきたために証券会社の多くでは、株式部門の人材を減らしてきた歴史があります。
    その結果として、証券会社を退職して独立する人が多い投資顧問でも、株式のプロが少なくなっています。
    そのため、日本では必ずしも投資顧問に頼るのが正しいとは言えない状況があります。
    業者の中では顧問料を徴収することだけを目的としているところが少なくないからです。
    しかし、業者の中では株式市場を何十年も見てきたプロが存在しているのも事実です。

    「投資顧問 口コミ」などを参考にしてプロを見つけられた場合には、業者のアドバイスを頼ると多くの銘柄を発掘することが可能となります。
    投資顧問も今では数えきれないほどの会社が存在していますので、その中から選ぶのはなかなか難しいと思います。
    安全で信頼できる投資顧問ばかりではないですし、自分の投資スタイルにあった投資顧問か判断するには利用してみなければわからない、といった部分もあります。
    私が実際に投資顧問会社を調べた際に人気があったのはトレーダーズブレインマーケットや、イーキャピタル投資顧問会社です。
    口コミが良くても自分のスタイルに合うかどうか、まずは無料会員登録をしてしっかりと見極めてから、有料コンテンツを利用すると良いでしょう。

    また、株式の売買タイミングにおいても、適切なアドバイスを受けることができます。
    しかし、業者のアドバイスだけに従っていると、自身のスキルが上がらなくなってしまうデメリットも出てきます。
    そのため、スタンスとしては業者のアドバイスを聴きつつも、自分で銘柄などの勉強も行っていくとバランスの良い向き合い方ができると考えます。
    投資顧問に頼らずに投資したいけど、やっぱり不安という人は株ブログを利用してみてはいかがでしょうか。
    株式の中で特に要注意なものの一つである仕手株も株ブログの情報を参考にするとよいでしょう。
    仕手株に詳しいブログランキングなどで、おすすめの株ブログを選んで、投資顧問なしで株式の運用に挑戦するのも一つのやり方です。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        人気記事一覧